FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症高齢者とお人形

先日お亡くなりになった方のことで思い出したことがあります。

棺の中にご本人が生前大切にされていた犬のぬいぐるみがありました。

しかし、ご本人はこのぬいぐるみを『犬』とは認識されていませんでした。

自分の子供、孫、家族として認識されていたようです。

認知症の高齢者によくあるケースです。

私が知っている他のケースですと、

①ぬいぐるみに食事をさせようとする
②女の子の人形を自転車に乗せて生きている人のように連れてまわる
③気に入りの人形に対して話しかけて会話をしようとする

等々が見受けられます。

認知症予防の五ケ条

山田先生が示されている 認知症予防のための五ケ条 があります。

それは

①活動・・・一人ではなく複数の仲間と楽しめる趣味やレジャー

②食事・・・野菜、海藻、魚中心の食事。とにかく腹七分目で。緑茶を食間に。

③運動・・・毎日30分程度。やや疲れる程度に。

④習慣・・・たばこや大酒はだめ。飲むなら赤ワイン。

⑤治療・・・高血圧、糖尿病、高脂血症、うつなどの治療はきちんと行う。

といったものです。

どれもとても大切なものですよね。

私自身、既に50代です。最近は特に意識して元気な高齢者の仲間入りをするために
毎日の生活を過ごしています。もちろん山田先生の五ケ条ともつながっています。

どのようなことを心がけ実践しているかといいますと・・・。



プロフィール

介護 太郎

Author:介護 太郎
認知症高齢者を専門でお世話する認知症デイサービス(認知症対応型通所介護)で働いています。毎日起きる高齢者とのエピソードや介護に関する情報を書き綴ります。

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。