FC2ブログ

認知症デイサービスにおける仕組み作り④

 今日、若いスタッフから業務改善について依頼がありました。

 現在、私どもの事業所では日々のバイタル、排泄、入浴、食事、機能訓練等々の記録は全てPC管理で行っています。つまり全てデータ化しているということです。システムはコストをかけて外部から購入したものではなく事業所専用仕様で全て私が作りました。もちろん勤務表、食事の献立、レクレーション内容等もデータ化しているので、全ての情報が業務日報や個人ごとのサービス提供記録にもリンクしています。

このようにデータ化することによるメリットは何と言っても

 ① 様々な帳票間の整合性がとれている。
 ② 従って一か所でも訂正すれば関連する全ての帳票が自動更新されるので再出力が容易。
 ③ 同じ情報を帳票ごとに何度も転記する必要がない。 
 ④ とにかく監査対策が容易!

続きます。

スポンサーサイト



プロフィール

介護 太郎

Author:介護 太郎
認知症高齢者を専門でお世話する認知症デイサービス(認知症対応型通所介護)で働いています。毎日起きる高齢者とのエピソードや介護に関する情報を書き綴ります。

最新記事
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア